新聞

提供: MonoBook
移動: 案内検索

新聞(読み:しんぶん、英語:newspaper)とは、国内情勢や国際情勢などの様々なニュースを、発行者の意思とともに報じるメディアで、記事文章や写真、図面などが紙(新聞紙)に印刷され綴じていないものである。

概要[編集]

新聞は基本的に人間が書いているので全て偏向報道である。全部ウソさ。そんなもんさ。

これはロボット型検索エンジンクローラーのように、ターミネーターのようなロボットが取材および編集を担うようになれば劇的に改善すると思われる。 ただし、検索エンジンがそうであったように、検索エンジンスパムのような行為が横行し、一時的に汚染が発生することも予想される。

主な分類[編集]

視点 分類肢
刊行間隔
  • 日刊紙
  • 週刊紙
  • 旬刊紙
  • 月刊紙
  • 季刊紙
配布地域
内容
発行の性格
読者の社会的地位
  • 高級紙
  • 大衆紙
メディア形態
価格
  • 無料
  • 有料
言語
  • 自然言語
  • 点字

新聞の一覧[編集]

全国紙[編集]

  • 読売新聞
    リベラルだと思ってる小市民が読む。悪質な新聞勧誘で有名であり、同紙の主催する懸賞に応募すると即座に景品をもった新聞勧誘がやってくる。
  • 朝日新聞
    見せかけのリベラルで中身が保守。紙面は難しくて読みづらい。
  • 毎日新聞
    福祉や社会面が充実してる。
  • 産経新聞
    朝日と読売がリベラル寄りなので、それらを叩くためだけに作られた。産業や経済の知識はゼロに等しく、記事文章は学級新聞並みと言われる。これは主な購読者であるネトウヨの学力にあわせて、あえてそうしているという説が有力である。一方で写真のクオリティは他紙を圧倒していると言われている。
  • 日本経済新聞
    ネットのない時代、企業の発表を載せる新聞も必要だった。日経新聞は、広告記事と、広告を断った企業の誹謗中傷に特化した、ゴルゴ13のように政治思想に左右されない公平な新聞だと言われている。このため企業を扱った記事は真顔で読んではいけないと言われる。[1]

ブロック紙[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]