正常3色型色覚

提供: MonoBook
移動: 案内検索

正常3色型色覚とは、錐体を一般的な割合でもつヒトのことである。

概要[編集]

  • 赤錐体が約60%
  • 緑錐体が約30%
  • 青錐体が約10%で構成させる。

この割合が崩れているヒトを色覚異常(古くは色盲や色弱と呼ばれた)という。

スーパービジョン[編集]

また、スーパービジョンと呼ばれる4つ目の黄錐体を持つヒトも少なからず存在し、一般人の100倍くらいの色の違いを識別できると言われている。 大雑把にいえば色弱の反対の「色強」である。 黄錐体は人類が進化の課程で「不要」として捨てたとされる機能であり、人類の先祖は誰もが持っていたらしいが、現在ではごく僅かな選民だけが持っているとされる。

そんなヒト向けのテレビシャープクアトロンである。

関連項目[編集]

参考文献[編集]