淫相学

提供: MonoBook
移動: 案内検索

淫相学とは、外観などから名器度を計る学問である。


概要[編集]

淫相学会の代表的な学会誌である週刊実話によると、 女性の名器度を観相する評価ポイントは大きく6つに分類されるとしている[1]

耳の溝[編集]

先天的な名器・凡器の差がストレートに現れる、耳の溝だ。耳の穴の手前にある溝は、女相においては、古来、膣の雛型とされるところで、ココが深く狭く切れ込んでいるほど名器度は高くなり、開いて浅いほど凡器度が増す。

口元の肉付き[編集]

後天的な名器度が現われる。 口や唇の肉付きが良く、もっちりと盛り上がったようになっているのは名器の証。

口角の締まり[編集]

後天的な名器度が現われる。 口角の締まりは膣肉の締まりそのものだ。

深い人中[編集]

深い人中や、下瞼のラインの吊り上がりなども、淫相学が教える重要な名器の指標だ。

下瞼のライン[編集]

眉間や目と目の間隔[編集]

眉間や目と目の間隔が狭い女性は、膣道も狭いとされる。こちらは、膣肉の締まり云々というよりも、膣道の径そのものの狭さを表している。〈入れ心地の良さ〉という点で、インサートする男性にとっては名器と同じで、ランキング決定の指標の一つに加えた。

関連項目[編集]

参考文献[編集]