社内システム

提供: MonoBook
移動: 案内検索

社内システムとは、企業内で使われているシステム全般のことである。

概要[編集]

社内システムは企業で使われているシステム全般のことであり、グループウェア顧客管理システム(通称:CRM)、営業支援システム(通称:SFA)、さらにはSambaなどを使ったファイルサーバーなど、幅広いシステムを指す言葉である。

大企業では社内SEが仕事を失うという理由からオンプレミスなシステムが多く、ベンチャー企業や零細企業ではサードパーティ製品を買う購入費もなく社内SEを設置する人件費もないためフリーミアムクラウドコンピューティングを利用しているところが多い。

保守[編集]

ソフトウェア[編集]

中小企業で使われる社内システムはセキュリティなどないような状態になっているものが多い。 企業システムは閉じたネットワークで使用するためセキュリティなど不要と考えている企業が多い。

大企業でも「下手に触って壊れたら困る」などという理由でOSのセキュリティパッチすら意図的に回避している事例も多く見受けられる。

ハードウェア[編集]

そもそも社内システムを管理する専属のシステム管理者が存在せず、設置したらソフトウェアのみならずハードウェアも放置して運用している事例も多く見かける。 予防保守もなく壊れてから慌てる事例も多く、とくにサーバーハードディスクが壊れてバックアップからの復元も失敗し、データ普及サービスに多額の費用を費やす事例はよくみかける。

関連項目[編集]

参考文献[編集]