赤坂飯店アンコン事件

提供: MonoBook
移動: 案内検索

赤坂飯店アンコン事件とは、安倍晋三による報道統制疑惑事件のことである。

事件概要[編集]

2017年2月28日、安倍晋三内閣総理大臣が東京・赤坂の中国料理店「赤坂飯店」において、内閣記者会加盟報道各社のキャップを集め会食していることが報じられた。安倍晋三総理大臣は、2時間あまりを赤坂飯店で過ごした。 この報道を受け、インターネット掲示板では、同時期に問題視されていた安倍晋三内閣総理大臣の学校法人森友学園の利益供与疑惑と関連し、安倍晋三内閣総理大臣がこの疑惑に対する報道を制限するよう働きかけたのではないか。という推測が飛び交い、いわゆる炎上状態となった。

背景[編集]

安倍晋三内閣総理大臣には、マスコミ報道各社要人との会食の多さがかつてより指摘されており、インターネットでは、安倍晋三内閣総理大臣の東京五輪2020招致時における発言「アンダーコントロール」から「アンコン」と呼ばれている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]