陰部剃毛時の勃起・射精対策、中国の看護師を中心とした研究チームが発表

提供: MonoBook
移動: 案内検索

攀枝花市第二人民医院(中華人民共和国四川省)は、陰部剃毛時に気をそらすと勃起しない、という調査データを公表した。

実験は思春期以降で性機能(勃起)が正常で、心理障害が無く、疼痛が中度以下である陰部剃毛が必要な16〜60歳の男性患者200名(平均41.2歳、内訳は腹部疥癬50名、前立腺肥大20名、虫垂炎102名、痔28名)を、100名ずつ、2グループに分け観察を実施。

Aグループの患者100名は、剃毛が必要な理由を説明後、女性看護師が無言で剃毛を行った。一方、Bグループの患者100名は、剃毛が必要な理由を説明後、看護師が患者の趣味の話題など世間話で気をそらせながら剃毛を行った。

なお、比較性を高めるため、両グループ、全ての病例において、一人の1983年生まれで熟練かつコミュニケーション能力に秀でた看護師が剃毛および勃起状況の観察を実施(本論文の著者も同一の看護師である)。

その結果、Aグループの勃起率(勃起は腹壁に付くぐらいが定義)は45人(45%)、うち射精が認められたのは8人(8%)。一方、Bグループの勃起率は16人(16%)、射精現象は認められなかった(0%)としている。

また、両グループともに剃毛にかかった平均時間は8〜9分程度となっており、大きな差はみられなかったとしている。

研究チームは、「女性看護師が男性患者の剃毛中に、男性患者が勃起することは臨床においては 頻繁に起こることであり、それは患者および看護師を気恥ずかしい雰囲気にさせ、双方の心理ストレスを増加させる。ひいては剃毛が完全でない、あるいは皮膚を傷つけるといった看護操作を中断させることにも繋がる。 陰部剃毛における勃起の発生を減少させるために、我々は比較研究を行った」としている。

また、同様な原則は性機能が正常な成人に対する陰部への各種検査、導尿、尿道口看護などにもあてはまるとしている。

参考文献[編集]