青いネクタイ

提供: MonoBook
移動: 案内検索

青いネクタイ(blue ties)とは、かつてのIBM社員を指す言葉である。

概要[編集]

現在のIBMでは廃止されたが、かつてのIBMでは創業者であるトーマス・ジョン・ワトソン・シニアの信念により、ダークスーツ(漆黒のスーツ)、ホワイトシャツ(真っ白なYシャツ)、ブルータイ(青いネクタイ)、というスーツ姿の制服(正装)が全世界規模で採用されており、全社員が一様にこの格好をしていた。

この黒地に白と青という光景から、外部の者たちを中心に、IBMという企業自体を巨大なクジラに例え「ビッグブルー」と呼んだりもした。

なお、青いネクタイを装着せずにFORTRANを書くのはシンタックスエラーとなる。その結果としてRAプログラムの対象者に選ばれる可能性が非常に高い。

関連項目[編集]

参考文献[編集]


外部リンク[編集]