食品偽装/東京ディズニーリゾート

提供: MonoBook
移動: 案内検索

2013年5月に発覚した東京ディスニーリゾート内の3つのホテルで食品偽装が行われていた詐欺事件である。 [1]

概要[編集]

TDR内の3ホテルでは「車エビ」と表記しながら「ブラックタイガー」を使うなど、少なくとも計1400食を提供していた。

主な偽装[編集]

  • ブラックタイガー → 車エビ
  • 国産牛 → 和牛
  • 国産鶏 → 地鶏

弁明[編集]

返金[編集]

東京ディズニーリゾート(TDR)は、該当料理を食べたと確認できた客には代金や「おわび金」の返還に応じた。 いずれもレシートなどをもとに確認を進めているが、裏付けが困難なケースもあり、関係者は「お客さまの良識にお任せしている部分もある」と打ち明ける。 [2]

関連項目[編集]

参考文献[編集]