食品偽装/高島屋

提供: MonoBook
移動: 案内検索

2013年11月5日、高島屋は百貨店5店舗とショッピングセンター1施設のレストランや食品売り場で、本物と異なる商品や食材計62点を使っていたと発表した。

実際に販売された販売数は18万点を超え、詐欺被害者数も同数程度だと思われる。 [1]

概要[編集]

主な偽装店舗[編集]

  • 日本橋タカシマヤ
  • 横浜タカシマヤ
  • 岡山タカシマヤ
  • 新宿高島屋タイムズスクエア・レストランズパーク
  • タカシマヤフードメゾン新横浜店
  • 柏高島屋ステーションモール

主な偽装商品[編集]

車エビ[編集]

ブラックタイガーでした。

牛ステーキ[編集]

牛脂を注入した加工肉でした。

中でもタカシマヤフードメゾン新横浜店の「銀泉亭」では「牛ステーキとフォアグラのスタミナ重」で牛脂加工肉を使い、岡山店の「ファミリーローズ」では「サーロインステーキ」として加工肉を出していた。

横浜店のレストラン「ニホンの食卓つくみ」では、11年10月~今年10月末に提供された「和牛メンチカツ」が、実際は和牛50%・豚肉50%の合いびきミンチ肉を使っていたという。

フレッシュジュース[編集]

本来フレッシュジュースという名称は果実をその場で絞った生ジュースにか使えないが、市販のジュースでした。

稲庭うどん[編集]

秋田県名物「稲庭うどん」のはずがどこぞの産地不明品でした。

弁明[編集]

返金[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]