2ちゃんねる個人情報流出事件

提供: MonoBook
移動: 案内検索

2ちゃんねる個人情報流出事件とは、2013年8月25日(日) 23時頃に明るみに出た、2ちゃんねる史上最大規模の個人情報漏洩事件である。

本件に関する各種情報へのアクセスについて[編集]

本件に関する各種情報へのアクセスに際しては、安全性確保のため下記のアプリの利用を強く推奨する。

  • Tor
    • Tor板へ安全にアクセスするには必須である。
    • Tor2webはアクセスログが押収される可能性あるため非推奨。
  • VPN Gate
    • Tor板に仕掛けられた罠リンクを踏んだ際の防御手段として利用を推奨する。
    • その他の公開情報にアクセスする際にも防衛的に利用を推奨する。

導入に関しては「VPN Gate#Torとの連携」の項目を参照。

TorとTor2webについて[編集]

たとえば、正規のTor板URLは以下のような形式である(Tor必須)。Tor板であればドメインは「xiwayy2kn32bo3ko.onion」となっている。

http://xiwayy2kn32bo3ko.onion/test/read.cgi/ura/1360054308/77-85

これに対してTor2webでは以下のようなURLになる(Tor不要)。ドメインの末尾に「.lu」が付与されているのが特徴である。この形式は閲覧情報などすべてが海底ケーブルを通して米国NSAに傍受されていることがエドワード・スノーデン氏の暴露により明らかになっているので注意する必要がある。

https://xiwayy2kn32bo3ko.onion.lu/test/read.cgi/ura/1360054308/77-85

概要[編集]

2ちゃんねるの有料会員サービスである「」(読み:まる)に関連する購入情報・個人情報、コテハントリップおよびトリップキー、さらには運営キャップを軸に、それに紐付く直近数ヶ月分の恥ずかしい投稿内容がスノーデンのような何者かによってTor板に投稿された事件である。

住所氏名などの個人情報のみならず、簡単に悪用できるレベルのクレジットカードに関する詳細情報が大量に含まれていた。なお●の購入にビットキャッシュ決済やコンビニ決済を利用していた者はクレジットカード決済ほどの被害はない模様である。

さらに2ちゃんねるの比較的高いと思われていた匿名性の関係上、ステマの舞台として大いに利用されていたようで、個人の恥ずかしい書き込みはもとより、大手企業や官公庁、諸外国の政府機関、政治家などの登録情報や書き込み履歴が次々と発見されまくり、全世界に激震が走った。

その他[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]