3D座標系

提供: MonoBook
移動: 案内検索

3D座標系英語:3D coordinates system)とは、3次元の直交座標系の総称である。

主な3D座標系[編集]

3D座標系とひとことでいってもXYZ軸の向きによって色々な種類がある。 モデリングソフトで描いた3Dモデルゲームエンジンなどで表示しようとする際にこの違いで残念なことになることが多い。 この他にも長さの単位の違い(センチやインチ)でグダグダになることも多い。

Yアップ左手座標系[編集]

  • X軸プラスが右
  • Y軸プラスが上
  • Z軸プラスが後
主な採用事例

Yアップ右手座標系[編集]

  • X軸プラスが右
  • Y軸プラスが上
  • Z軸プラスが前
主な採用事例

MonoGameもXenkoもDirectX系プラットフォームであっても右手座標系となる。

Zアップ左手座標系[編集]

  • X軸プラスが右
  • Y軸プラスが後
  • Z軸プラスが上
主な採用事例

Yアップ左手座標系に似ているがY軸とZ軸が逆になっている。

Zアップ右手座標系[編集]

  • X軸プラスが右
  • Y軸プラスが前
  • Z軸プラスが上
主な採用事例

Yアップ右手座標系に似ているがY軸とZ軸が逆になっている。

主にAutodesk製品が標準採用している座標系であるが、どのAutodesk製品も「モデリング開始前」に「Yアップ(Yアップ右手座標系 )」へ設定変更できる。 設定変更をし忘れてモデリングしたものをOpenGLMonoGameで使おうとすると残念なことになる。 なお、モデリング後に設定変更してもダメなようだ。

関連項目[編集]

  • fbxファイル - 座標系の違いに困ったらfbxファイルにしてゴリゴリ変換するのが簡単