ASP.NET MVC/ディレクティブ構文

提供: MonoBook
移動: 案内検索

ディレクティブ構文とは、コンパイラが、.aspxファイルや.ascxファイルを処理するときに使用する設定の記述のことである。

ディレクティブは、ファイルの先頭に配置するのが一般的ですが、実際に使用する場合は、.aspx ファイルまたは .ascx ファイルの任意の場所に配置できます。

ディレクティブ構文の種類[編集]

@ Page ASP.NET ページのパーサーおよびコンパイラで使用されるページ固有の属性を定義します。.aspx ファイルだけに組み込むことができます。
@ Control ASP.NET ページのパーサーおよびコンパイラで使用されるコントロール固有の属性を定義します。.ascx ファイル (ユーザー コントロール) だけに組み込むことができます。
@ Import 名前空間をページまたはユーザー コントロールに明示的にインポートします。
@ Implements ページまたはユーザー コントロールが、指定した .NET Framework インターフェイスを実装することを、宣言によって示します。
@ Register 名前空間とクラス名にエイリアスを関連付け、要求されたページやユーザー コントロールに組み込まれたユーザー コントロールやカスタム サーバー コントロールを表示できるようにします。
@ Assembly コンパイル時に現在のページにアセンブリをリンクし、アセンブリのすべてのクラスとインターフェイスをこのページで利用できるようにします。
@ Master ASP.NET マスタ ページを識別します。
@ PreviousPageType 前のページが PreviousPage プロパティを通じてアクセスされた場合の、厳密な型指定を取得する方法を提供します。
@ MasterType ASP.NET ページの Master プロパティにクラス名を割り当てます。これにより、ページはマスタ ページのメンバへの厳密に型指定された参照を取得できます。
@ OutputCache ページまたはユーザー コントロールの出力キャッシュ ポリシーを宣言によって制御します。
@ Reference 現在のページまたはユーザー コントロールに、ページまたはユーザー コントロールを宣言によってリンクします。

備考[編集]

@ Page ディレクティブは .aspx ファイル内だけで使用できます。 @ Control ディレクティブは .ascx ファイル内だけで使用できます。

[編集]

<%@ Page Title=""
         Language="C#" 
         MasterPageFile="~/Views/Shared/Main.Master" 
         Inherits="System.Web.Mvc.ViewPage<dynamic>" 
         %>

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]