ASP (Application Service Provider)

提供: MonoBook
移動: 案内検索

ASP (語源:Application Service Provider)とは、なんらかのアプリケーションネットワーク経由で提供する業者のことである。

概要[編集]

最近ではクラウドコンピューティングなどと呼ばれる。 いわゆるリネーム商法である。

ネットといえばウェブなので9割くらいが「ウェブアプリ」を提供するビジネスのことを指している。

ただし、Amazon Web ServicesAzureなどの出現により、VPN経由で何でもできるようになった関係で、昔ながらの社内LAN向けシステムを強引にインターネット経由でサービス提供する業者も増えつつある。

オープンソースとの関係[編集]

ASPはオープンソースとも関係が深く、ウェブアプリオープンソースで提供する企業が、その製品をASPとしてサービス提供している事が多い。導入から保守まで自分でやれば無料だが、サーバーの購入費用や人件費などを考慮すると、超小規模でもない限り、それらのASPを利用した方がスケールメリットにより明らかに安上がりというビジネルモデルである。

関連項目[編集]

参考文献[編集]