ATARI 2600

提供: MonoBook
移動: 案内検索

ATARI 2600とは、1977年にアタリから発売した家庭用ゲーム機である。

概要[編集]

ATARI 2600はゲームソフトをカセットによって供給する「取替式」を発案・採用した。

  • 利用者からしたら「カセットはROMだけのため安い」
  • 販売店からしたら「かさばらない」

などの利点があり、これが爆発的な人気をもたらした。

ハードウェア[編集]

ATARI 2600はファミコンより6年も早い時代、つまり1世代前のゲーム機であるため、ハードウェアの性能は微妙である。 ATARI 2600の終焉は「アタリショック」などと言われるが、単に製品寿命を迎え、世代交代しただけとの見方もある。

CPU[編集]

MOS 6502から機能を削ったものである。

RAM[編集]

  • 128バイト (誤記ではない, MOS 6532)

次世代機ファミコンの「2048バイト」がいかに大容量かおわかりいただけただろうか。 また、ピットフォールがいかに凄いかおわかりいただけただろうか。

ROM[編集]

製造コストを安くするため、MOS 6507とカセットの接続配線をケチっており、なんとROMは4KB(2^12=4096)までしか使えない。これは同時発売タイトルとして開発していた「Combat」が2KBであったため「4KBもあれば十分」だと考えたそうだ。

コントローラー端子[編集]

台形型のコネクタを採用。後に「D-Sub 9ピン」と呼ばれるものであり世界中であらゆる機器に採用された。 日本でもこれを魔改造したものがPC-6001MSXX1といったパソコンや、セガSC-3000メガドライブなどのゲーム機でも採用されている。なお、端子形状は同一でもピンアサインが異なるなどの魔改造品なので互換性は微妙であった。

関連項目[編集]