AUVIDEA B100 HDMI to CSI-2 Bridge

提供: MonoBook
移動: 案内検索

AUVIDEA B100 HDMI to CSI-2 Bridgeとは、HDMICSI-2に変換する基板である。 [1]

概要[編集]

テレビなどで一般的なHDMIを、スマホの内部でカメラ接続端子として利用されるCSI-2に信号変換する基板である。 大雑把にいえば本来CMOSカメラなどが付いている部分に「HDMI入力」をつけてしまった製品である。 これを使えばRaspberry PIJetson TK1で簡単にビデオキャプチャが作れるよ。

価格[編集]

当初、Kickstarterで99ドルでの発売を目指していたが出資が集まらず頓挫した[2]

後に自力で資金を集めたらしくB100の価格は149ユーロ(税別)で発売となった[3]

2016年4月にB101とB102というマイナーチェンジ品が登場したようで定価が10ユーロ安くなって139ユーロとなっている。 なお、B101は15ピンFFCケーブルが付属、B102は22ピンFFCケーブルが付属という違いのようだ。

使い方[編集]

買ってきてフラットケーブルを繋ぐだけである。

ググったら新型のB101を使っている人を発見した。こんなクソウィキより遥かにわかりやすい。

関連項目[編集]

参考文献[編集]