aaS (as a Service)

提供: MonoBook
移動: 案内検索

aaS(読み:あーす、頭字語:as a Service)とは、「サービスとしての」という名の下に、ありとあらゆる物事を、まるで新時代の幕開けを告げる新しいモノとして祭り上げる際に用いる用語である。

大雑把に言えば、いわゆるリネーム商法である。

主なaaS[編集]

aaSは元々クラウドコンピューティングの界隈で使われ出したものである。

aaSは非常に有用なものであり、どんなに古くさいモノでも、どんなに評判の悪いものでも、末尾に「as a Service」を付けるだけで新品同様として生まれかわる。有名無名を問わず、すでに様々な物事に転用されており、AからZまでほぼ出尽くしていると言われている。

AaaS[編集]

BaaS[編集]

CaaS[編集]

DaaS[編集]

EaaS[編集]

FaaS[編集]

GaaS[編集]

HaaS[編集]

IaaS[編集]

JaaS[編集]

KaaS[編集]

LaaS[編集]

MaaS[編集]

NaaS[編集]

OaaS[編集]

PaaS[編集]

QaaS[編集]

RaaS[編集]

SaaS[編集]

TaaS[編集]

UaaS[編集]

VaaS[編集]

WaaS[編集]

XaaS[編集]

YaaS[編集]

ZaaS[編集]

関連項目[編集]

  • AAS - あいまい

参考文献[編集]