AdAway

提供: MonoBook
移動: 案内検索

AdAway(読み:あどあうぇい)とは、オープンソースのもとで開発されているAndroid向けの広告除去アプリである。

ライセンス[編集]

AdAwayはライセンスGPL v3であり、だれでもソースコードを利用することが出来る。開発はGitHubにて行われている。

要件[編集]

AdAwayはroot化したAndroid端末のみで利用できる。

概要[編集]

AdAwayは、あらゆるアプリからアフィリエイト広告を除去してしまう恐ろしいアプリである。かつてはGoogle Playにて配布されていたが、さすがに内容が内容だけに消された。現在はF-Droidにて配布されている。これとMinMinGuardを組み合わせると凶悪である。

使い方[編集]

日本語化もされており馬鹿でも利用できるのが特徴である。F-DroidからAdAwayをインストールし、AdAwayを起動して広告除去の有効・無効を切り替えるだけである。なお、有効・無効を切り替えた際には端末の再起動が必要となる。

日本向けの設定[編集]

英語圏で開発されているアプリのため初期状態では欧米を中心としたアフィリエイト広告業者のみが除去対象となっている。そのため日本向けには定義ファイルを追加する必要がある。日本向けの定義ファイルは有志により様々なものが作られている。

これらはAdAwayを起動し、メニューから「hostsのソース」を選び、定義ファイルの配布URLを追加することで利用できる。

関連アプリ[編集]

  • MinMinGuard
    AdAwayなどで空白となった領域を有効活用できるXposedモジュールである。
  • Xposed
    apkファイルを改変せずにアプリを改造できる神アプリである。単体では何もできず、Xposedモジュールと呼ばれる改造内容が書かれた定義ファイルを入れて利用する。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

参考文献[編集]