Anti HyperThreading

提供: MonoBook
移動: 案内検索

Anti HyperThreading(読み:あんちはいぱーすれっでぃんぐ)とは、AMDが2006年に発表したマルチコアCPUシングルコアCPUに見せかける夢のような技術のことである。 Reverse HyperThreadingとも呼ばれる。

概要[編集]

Anti HyperThreadingに対応したCPUを用いることでマルチスレッドに対応していないアプリケーションマルチコアの恩恵を受けることができると期待された。 Anti HyperThreadingはSocket 939Athlon 64 X2の時代に発表されたものであるため、誰もがSocket 939に期待していた。

しかし、実際にはいつまで経っても登場せず幻の技術となった。

なお、PCメーカー向けのサンプル出荷の段階では実際に提供されていたが、効果がない、もしくは逆効果が多発したことで一般公開が中止になったとも言われている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]