asp-state

提供: MonoBook
移動: 案内検索

asp-stateとは、xspmod_mono含む)とは独立してセッション情報を保持したい場合に使うASP.NET Session State Server。

2012年2月現在の最新バージョンは asp-state4 。

xsp(mod_mono)を単一サーバーで動かす場合にはxsp自身にもセッション保持機能を搭載しているのでasp-stateは使わなくても問題ないが、ロードバランサーなどを噛まして複数台のWebサーバーで運用する場合にはセッションの一極集中管理が必要になるので必須っぽい。

また、単一サーバーでの運用時においてもWebサーバーの再起動でセッション情報が消えてしまうと困る場合には別途立ち上げておくとよいらしい。

asp-stateの設定[編集]

設定ファイルの中身はXMLである。なお設定と言っても待ち受けするポート番号くらいしか項目はない。

FreeBSD

/usr/local/lib/xsp/4.0/asp-state4.exe.config

CentOS

/opt/novell/mono/lib/xsp/4.0/asp-state4.exe.config

Webアプリ側の設定[編集]

web.configファイルに以下のような感じでセッションサーバーの情報を書いておく。

  <sessionState mode="StateServer"
                       stateConnectionString="tcpip=server:port"
                       stateNetworkTimeout="number of seconds"/>

起動[編集]

FreeBSD

$ /usr/local/bin/asp-state4

CentOS

$ /opt/novell/mono/bin/asp-state4

関連項目[編集]

外部リンク[編集]