ブラック・タイディングス

提供: MonoBook
BLACK TIDINGSから転送)
移動: 案内検索

ブラック・タイディングス英語:BLACK TIDINGS)とは、かつてシンガポールに存在したとされるオリンピックに詳しいコンサルタント会社である。

概要[編集]

会社名の「ブラック・タイディングス」を日本語に訳すと「黒い便り」という意味だが、ヒンディー語に訳すと「黒いカネを洗浄する」、つまりマネーロンダリングという意味になる[1][2]

本社はボロボロのアパートの一室となっている。

BLACK TIDINGS Sankei.jpg

JOCの竹田恒和会長はコンサル会社について「ペーパーカンパニーではない」などと主張した。

馳文科大臣からは、ブラック・タイディングス社選定に関して興味深い答弁が返ってきた。まず、ブラック・タイディングス社から招致委員会に売り込みがあり、招致委員会から株式会社電通に確認して実績があるコンサルタント会社だと判断して契約したとのことであった。 つまり、ブラック・タイディングス社の選定には電通が関与していたのだ[3]

ロイターの調査によると、この会社が登録していた電話番号は存在しなかった[4]

2014年07月04日に廃業した[5]

関連項目[編集]

参考文献[編集]