BSD

提供: MonoBook
移動: 案内検索

BSD(読み:びーえすでぃ)とは、Berkeley Software Distribution の略語で、 カリフォルニア大学バークレー校 (University of California, Berkeley, UCB) において開発・配布が行われたUNIX向けソフトウェア群と、後に作られたUNIX標準に準拠したUNIX互換OSのことである。

概要[編集]

ソフトウェアとしてのBSD[編集]

BSDは、もともとはビル・ジョイが作っていた元祖UNIXであるAT&T UNIX向けのソフトウェア群であった。 その中でも有名なのがPascalコンパイラのおまけとして付属していた「ex」というラインエディタテキストエディタの一種)である。「ex」は後にビジュアルモードなる機能を搭載し「vi」と改名し、いまでも至る所で使われている。

OSとしてのBSD[編集]

その後、AT&T UNIX向けのソフトウェア開発のみならず、いつのまにかAT&T UNIX自体を改造しはじめて出来上がったのが俗にいうBSD UNIXというOSである。BSD UNIX魔改造の中でも有名なのがBSDソケットであり、その中のIPやTCP/IP実装は世界に衝撃をあたえ、これなしではインターネットは語れない存在となっている。

その他[編集]

*BSD」という表記法もあり、これは同OSを元に開発された数多くの子孫たちをひとくくりにし、まるで巨大な一つのものとして大きく見せるために使われる。

bashを多用しているMonoのconfigureの中身を見て「Linux脳か」という人は、まずBSDとcshで育ったキモヲタとみて間違いない。なお、ちょっと前まではLinux人気に押される云々以前に自ら進んで常に影の存在であり続けたキモオタ専用OSであったが、iPhoneiPadなどのいわゆる邪悪なBSD系OSを搭載した製品が大流行したことにより、オサレな一般人も大量に流入しはじめている。

「The Design and Implementation of the 4.4BSD Operating System[1]」というBSD界の有名人が書いた本には、パソコンとは何ぞや、BSD UNIXとは何ぞや、プログラミングとは何ぞや、という話が盛りだくさんで非常にオススメである。

BSD入門の心得[編集]

BSD入門の心得」に移動。

主なBSD系OS[編集]


関連項目[編集]

参考文献[編集]