BSDライセンス

提供: MonoBook
移動: 案内検索

BSDライセンス(語源:Berkeley Software Distribution License)とは、カリフォルニア大学バークレー校を起源とする代表的なフリーソフトウェアライセンスである。

注意[編集]

なお、BSDライセンスに限らず、BSDに関わる一切について「オープンソース」という用語は禁句であると「BSD入門の心得」に明記されており、間違っても「BSDライセンスはオープンソースソフトウェアで使用されているライセンス体系のひとつ」などとは書いてはいけない点に注意する必要がある。

概要[編集]

「無保証」であることの明記と著作権およびライセンス条文自身の表示を再頒布の条件とするライセンス規定である。この条件さえ満たせば、BSDライセンスのソースコードを複製・改変して作成したオブジェクトコードソースコードを公開せずに再頒布できる。

著作権表示、ライセンス条文、無保証の旨の三点をドキュメント等に記載さえしておけば、BSDライセンスのソースコードを他のプログラムに組み込み、しかも組み込み後のソースコードを非公開にできるため、再配布時のライセンス条件を制限するGPLに比べ、商用化及び標準規格の制定に利用しやすいライセンスである。

AndroidカーネルGPLLinuxカーネルを利用しているが、ユーザーランドにはBSDライセンスを適用した独自のものを採用しており、Linux信者の間では批判の対象となっている[1]

BSDライセンスの種類[編集]

BSDライセンスと一言でいっても以下の3種類がある。2012年現在において単に「BSDライセンス」という場合は3条項BSDライセンス(修正BSDライセンス)を指しているのが一般的である。条文の詳細などは各ライセンスの項目を参照。

主なBSDライセンス


これらに加え、BSDライセンスをベースに改編されたライセンスも非常に沢山あり、それらは「BSDスタイルのライセンス」などと呼ばれる。

主なBSDスタイルのライセンス

関連項目[編集]

参考文献[編集]