CableCARD

提供: MonoBook
移動: 案内検索

CableCARDとは、アメリカ合衆国で1996年から導入されているデジタルテーブルテレビの著作権保護機能を担うカードである。 日本でいうB-CASカードに相当するものである。

概要[編集]

かつてノートパソコンで一大勢力を誇ったPCカードと同じ形状をしている。

ケーブルテレビと契約することで送られてくるセットトップボックスにはCableCARDが筐体内に内蔵されているのが一般的であり基本的に契約者は意識することがない。

一方でパソコンにテレビチューナーを接続して利用するなどの場合は別途CableCARDを単品で入手する必要がある。この場合はケーブルテレビ事業者に連絡をすることで入手できる。ただし郵送ではなく現地に担当者がやってきてアクティベーションとなるのが一般的である。

これをパソコンで利用するにはテレビチューナーとCableCARDスロットの付いた製品を買うのが手っ取り早い。この手の製品としては2007年にAMDが発売したATI TV Wonder Digital Cable Tunerが初物であるとされる。

ソフトウェアとしてWindows Media Centerなどがある。

関連項目[編集]

参考文献[編集]