Click&Play

提供: MonoBook
移動: 案内検索

Kick&Play(読み:くりっくあんどぷれい)とは、フランスのClickteamが開発し、富士通が日本語化して発売していたマウスだけでゲームが作れるという夢のようなゲームエンジンである。

概要[編集]

Kick&Playはプログラミング言語を一切使用せず、ほぼすべての作業をGUIを使った直感的なマウス操作のみで行うという画期的なゲームエンジンであった。 後継ソフトにはClick&CreateMultimedia Fusion 2Clickteam Fusion 2.5などがある。

日本では富士通プログラムの日本語化を行ったうえで、日本の操作マニュアルを付けて「書籍」として販売していた。そのためパソコンショップではなく、書店にてベーマガなどのパソコン雑誌などと一緒に陳列されて販売されていた。地味にWindowsMacの両対応である。

パクリ騒動などでゲーム業界やゲハを巻き込み大論争を巻き起こしたサーマーデイズ[1]や、サムライ[2][3][4]などの有名作品を生んだ。

エディタ[編集]

Klik&Playではゲーム作成の各過程を以下のエディタに分けている。

  • ストーリーボードエディタ
  • レベルエディタ
  • ステップスルーエディタ
  • イベントエディタ

ストーリーボードエディタ[編集]

「フレーム」の一覧を表示し追加や削除、設定を行う。 フレームとはゲームの各場面を分割したもので ピクチャーフレーム(PCX, LBM, GIF, BMP)、アニメーションフレーム(FLI, FLC)、レベルフレームからなる。

レベルエディタ[編集]

ゲームのコアである、レベルフレームの編集を行う。 ここではオブジェクトを作成し、画面上に配置、また動作パターンの設定などを行う。

ステップスルーエディタ[編集]

ゲームを実際に進めながら、発生したイベントに対するアクションを設定していく。 どんなイベントがあるか知らなくてもよい初心者向けの機能だが、あまり高度な設定はできない。

イベントエディタ[編集]

イベントに対するアクションを設定する。 ステップスルーエディタよりも高度な設定が可能。

Klik & Play For Schools[編集]

Klik & Play For Schoolsは、公式サイト[5]上で配布されていたKlik&Playのフリーソフト版である。 2012年現在、公式サイト上での配布は終了しているが、再配布は許可されているため、Internet Archive[6]や有志のサイトなどからダウンロードが可能である。

その他[編集]

現在、Klick&Play作品をiPhoneおよびAndroidへ移植するためにリバースエンジニアリングを行うツールを開発しているが、そのうちオープンソースにするかもしれない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

参考文献[編集]