Core Graphics

提供: MonoBook
CoreGraphicsから転送)
移動: 案内検索

Core Graphics(読み:こあぐらふぃっくす)とは、Mac OS Xに標準搭載されている2D描画に関する低レベルなAPI群である。 PCエンジンコアグラフィックスコア構想とは一切関係ない。

概要[編集]

Core GraphicsはMac OS Xにおいて低レベルな2D描画を担当するAPI群である。WindowsでいうところのDirect2Dに相当するもので、Direct2Dが「まともな文字列描画」にDirectWriteを必要とするように、Core Graphicsもまともな文字列描画にはCore Textを必要するなど、挙動や構成的にも似ているところが多い。

古代のMac OS XではQuickDrawという2D描画のAPI群が使われてきたが、さすがに古臭くなったの近代的な仕様になり置き換えられたものである。この点もWindowsGDIDirect2Dで置き換えたのとよく似ている。

Core Graphicsは低レベルなAPI群であるが、その一部には高レベルなAPI群も存在しており、それらは別途Quartz 2Dなどと呼ばれる。

また、なぜかCore GraphicsにはMac OS Xにおいてキーボードマウスの監視および制御するAPI群も含まれている。これらは常識的に考えればそれらはCore Foundationに配置されるべきものであるはずだが、なぜそうなっているのかは三角形の秘密プチエンジェル事件並みに闇が深いといわれており、真相を語るものはいない。

Core Graphicsの位置関係[編集]

CoreGraphics
(2D)
QuickDraw
(2D)
QuickTime
(Multimedia)
OpenGL
(3D)
Core Graphics Service
(Window Server)
Mach
(Kernel)

関連項目[編集]

なぜかCoreGrpahicsな

参考文献[編集]