FTサーバー

提供: MonoBook
移動: 案内検索

FTサーバー(読み:えふてぃさーばー、英語:fault tolerant server)とは、フォルトトレランスを実現するため、ありとあらゆる部品が冗長化されたサーバーのことである。

概要[編集]

FTサーバーは一般的なサーバーソフトウェアレベルで冗長構成を行う場合とは異なり、ハードウェアレベルで細部まで冗長化されている製品のことである。たとえばCPUひとつとっても常に2個のCPUで同じ演算を行い整合性を検証するなどといったことが行われ、故障が発生した際には1ミリ秒も停止せずに動作を続けるシステムのことである。CPUメモリマザーボードなどすべての部品がHDDでいうRAID1のようなミラーリング状態にあるような特殊なサーバーである。

類似する技術にフェイルオーバークラスターがあるが、こちらはフェイルオーバーまで数秒から数十秒の一時停止を伴う。一方でフォレトトレラントサーバーではわずか数秒でも絶対に止まらないという特徴がある。また、ハードウェアですべて処理されるため、ソフトウェア的には深く考える必要がなく、既存のものを手を加える必要がないという利点がある。なお、その上で動くソフトウェアストップ・ザ・ワールドを引き起こすなどまでは抑制できない。

価格[編集]

FTサーバーは、当然のように2倍以上の物量が必要であり、さらに冗長化を維持する機構なども必要となる。 よって価格は同一性能の一般的なサーバーと比べ10倍くらいになる。

このようにFTサーバーはハードウェア自体が高価であるため初期費用は非常に高くなる。しかしながら、維持管理が非常に楽であり、またソフトウェア側に特殊な冗長化機能を求めないなど、維持費開発などを抑える特徴もある。この点については運用開始後のランニングコストに伴う人件費などとの兼ね合いも含めて検討する必要がある。

性能[編集]

一般的なサーバーとFTサーバーでは同程度のカタログスペックであっても整合性検証などの要素が入るため性能は劣る傾向にある。購入に際しては要求スペックの2割増くらいで選ぶ必要がある。

主な製品[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]