Fluent NHibernate/フルーエントマッピング

提供: MonoBook
移動: 案内検索

Fluent NHibernateではオートマッピングに加えフルーエントマッピング(fluent mappings)という手動マッピング機能を用意している。NHibernateと違い、マッピング設定にXMLファイルではなくC#ソースコードを用いるというFluent NHibernateの主目的ともいえる機能である。

他サイトのサンプルを見る限り、大半の人はオートマッピングよりも細かく設定できるこちらを使っているようだ。 細かく設定できる分、相当難しい。 日本語の情報もほとんどない。

超入門[編集]

エンティティを作る[編集]

まずエンティティとなるクラスを作る。

アプリケーションを作るプログラマーが直接操作するのはエンティティクラスとなる。 このアプリケーションを作るプログラマーがエンティティクラスをゴニョゴニョすることで、一般的なSELECT/UPDATE/INSERT/DELETE(俗にいうCRUD)などのDB操作を実現することになる。

プロジェクトの中に「Entities」というディレクトリを作り、その中に格納しておくとわかりやすいと思う。

// 従業員エンティティクラス
public class Employee
{
    public virtual int Id { get; set; }
    public virtual string FirstName { get; set; }
    public virtual string LastName { get; set; }
}

マッピングを作る[編集]

次にマッピングを記述するクラスを作る。 マッピングクラスはClassMap<>クラスを継承して作る。

マッピングクラスは、Fluent NHibernateがエンティティがどういう設定かを記述するクラスであり、エンティティを利用するプログラマーが直接参照するようなものではない。

Fluent NHibernateの99%は、このマッピングクラスの記述方法を覚えることだと思われる。 まったく理解は出来ていない。

プロジェクト内に「Mappings」というディレクトリを作り、その中に格納しておくとわかりやすいと思う。

// 従業員マッピングクラス
public class EmployeeMap : ClassMap<Employee>
{
    // デフォルトコンストラクタ
    // この中でマッピングの詳細を記述する。
    public EmployeeMap()
    {
        // プライマリキー
        Id(x => x.Id);
        // 普通のマッピング
        Map(x => x.FirstName);
        Map(x => x.LastName);
    }
}

アプリを作る[編集]

次に実際にアプリケーションを作る。

Mappingの中身がFluentMappingsとなっているのが特徴。 オートマッピングの場合はAutoMappingsとなっていた部分である。

class AppMain
{
    public static void Main(string[] args)
    {
        var config = Fluently.Configure()
            // 接続設定
            .Database(
                SQLiteConfiguration.Standard
                    .UsingFile("firstProject.db")
            )
            // マッピングのありかを明示する。
            // 適当なクラスを指定すると、そのクラスが属するアセンブリ内の
            // マッピングクラスを自動検知して、あとは全自動でやってくれる。
            .Mappings(map =>
                map.FluentMappings.AddFromAssemblyOf<AppMain>())
            // マッピングからスキーマを自動生成する。
            .ExposeConfiguration(cfg => 
                new SchemaExport(cfg).Create(false, true))
            ;
 
        var factory = config.BuildSessionFactory();
 
        // 実際に使ってみる
        using (var session = factory.OpenSession())
        using (var transaction = session.BeginTransaction())
        {
            // insertしてみる
            var emp = new Expolyee();
            emp.FirstName = "test";
            emp.LastName  = "tarou";
            session.SaveOrUpdate(emp);
 
            transaction.Commit();
        }
    }
}

基本[編集]

Id[編集]

プライマリーキーとなる。

Map[編集]

プロパティとマッピングする。

References[編集]

多対1(many to one)を表す。

HasMany[編集]

1対多(one to many)を表す。

HasManyToMany[編集]

多対多(many to many)を表す。

HasOne[編集]

1対1(one to one)を表す。

応用、その他[編集]


関連項目[編集]

参考文献[編集]


外部リンク[編集]