Fluent NHibernate/フルーエントマッピング/複合主キー

提供: MonoBook
移動: 案内検索

Fluent NHibernate複合主キーを記述する方法。

エンティティ[編集]

複合主キーを用いるエンティティクラスでは、とくに何もしてなくてもEqualsメソッドとGetHashCodeメソッドをオーバーライドしておく必要がある。これをしないと実行時にエラーとなる。

public class NodeX
{
    public virtual long Id1 { get; set; }
    public virtual long Id2 { get; set; }
 
    // これ重要
    public override bool Equals(object obj)
    {
        if (obj == null)
        {
            return false;
        }
        var cmp = obj as NodeX;
        if (cmp == null)
        {
            return false;
        }
        if (Id1 != cmp.Id1 || Id2 != cmp.Id2)
        {
            return false;
        }
        return true;
    }
 
    // これも重要
    public override int GetHashCode()
    {
        return (Id1 + "|" + Id2).GetHashCode();
    }
}

マッピング[編集]

マッピングクラスではCompositeIdメソッドでマッピングを行う。 KeyPropertyメソッドで複合主キーにしたいカラムを次々と書いてくことで実現できる。

public class NodeXMap : ClassMap<NodeX>
{
    public NodeXMap()
    {
        CompositeId()
            .KeyProperty(x => x.Id1)
            .KeyProperty(x => x.Id2)
            ;
    }
}

関連項目[編集]

参考文献[編集]


外部リンク[編集]