Forte for Java

提供: MonoBook
移動: 案内検索

Forte for Java(読み:ふぉるて・ふぉー・じゃゔぁ)とは、かつて存在したJava統合開発環境である。 初期のあまりの評判の悪さから現在は「NetBeans」と改名した。

概要[編集]

キーボードを打つと10秒くらい考えた後にクラッシュビルドを始めると10分くらい頑張った後にクラッシュ

すべてJavaだけで書かれていたため、Pentium 2K6-2の時代にはあまりに重すぎた。 パソコンの性能が低かったことに加え、Java自体の最適化も現在ほど進んでいなかった時代には早すぎた。 Forte for JavaはEclipseが軽快に思えるくらい重く、政治的な理由でForte for Javaを強制されたITドカタたちはEclipseを絶賛した。

だが、これは大きな誤りであった。 Eclipseは一時的な軽さのためにJavaだけでなくネイティブコードを混在させていた。 これが後の改良に大きな悪影響を与え、速度的な進化が鈍化し、最終的にNetBeansが軽快さで優位に立つことになる。

歴史[編集]

1996年にチェコの学生が開発していたXelfi(「Delphiのようなもの」という意味らしい)というJavaで書かれた最初の統合開発環境が源流と言われている。

1999年にNetBeansに改名した。 その直後にサン・マイクロシステムズに買収され、同社のC言語などの由緒ある統合開発環境Forte」にあやかり「Forte for Java」に改名させられる。

2000年にNetBeansに戻る。

関連項目[編集]

参考文献[編集]