Fusion 360

提供: MonoBook
移動: 案内検索

Fusion 360とは、Autodeskが開発および販売するクラウドベースの3D CAD製品である。

概要[編集]

Fusion 360はクラウドベースの3D CAD製品である。しかも基本無料。

一昔前の3D CADといえば高価なOpenGL系のグラフィックボードが必要だったりとハードウェアを用意するだけでも敷居の高いものであったが、Fusion 360では主だった機能はクラウド上のスーパーコンピューターにて処理されるためクライアントにはあまり高性能なスペックが要求されないのが特徴である。基本無料であるがクラウド上のレンダーファームを使う場合などは従量課金となる。

ファイルの管理も「A360」という専用のクラウドストレージ上で行われる。他のツールでの加工などの際は「クラウドからローカルに取り出して、加工して、ローカルからクラウドに戻す」などの手順が必要でありちょっと面倒くさい。fbxファイルなどでエクスポートする際はいちいちメールで送られてくるので更に面倒くさい。クラウドストレージにアップロードするだけで様々な形式から自動的にFusion 360形式にインポートされるのは便利である。

価格[編集]

Fusion 360を商用利用する場合は月額5000円程度の利用料となっている。 アドビ製品もビックリする価格だが他製品はさらに一桁高いという市場であり安い方だったりする。

しかしFusion 360はなんと個人利用に限り無償で利用できる。 無償体験版をダウンロードおよびインストールして「個人利用です」を選ぶとよい。

主な用途[編集]

実のところ3Dプリンタを個人で買おうと思った場合の最大の障壁は「3D CAD」の圧倒的な価格帯である。 「3Dプリンタが安くなった」とよく言われるが、そこへ書き出すデータを作る3D CADはアドビ製品が激安に思えるほどの価格帯の製品しかない。 3D CADというソフトウェアがなければ3Dプリンタというハードウェアはただのゴミ箱である。

Fusion 360は神。

また、FBX形式の3Dモデルを出力できるのでUnityMonoGameなどで使う3Dモデルを作るのにも捗る。 個人が趣味でやれるレベルの価格帯でFBX形式を吐ける3Dソフトはこれくらいしかない。

Fusion 360は神。

主な使い方[編集]

Fusion 360ではモデリング方法にソリッドモデリングを採用しており立方体などあらゆるオブジェクトは中身が詰まった状態が基本となる。ソリッドモデリングでは、面に2Dでスケッチを描き、それを3Dに押し出すというパターンがモデリングの基本となる。SketchUpなどのサーフェイスモデリングに慣れている人にはとっつきにくいかもしれないが慣れるしかない。

基本[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]