Google Analytics

提供: MonoBook
Googleアナリティクスから転送)
移動: 案内検索

Google Analytics(読み:ぐーぐる・あなりてぃくす)とは、Googleが無料で提供しているアクセス解析サービスである。

概要[編集]

Googleアナリティクスは大雑把にいうとアクセス解析ソフトのUrchinをウェブ上でASPとして提供しているものである。

2011年09月29日には有料の「Google Analytics Premium」も登場している。

かつてはUrchinというサーバーインストールして使う有料のソフトウェア版も販売されたいたが、2012年3月28日をもって販売終了し、前述のASP版のみとなった。

難易度[編集]

Googleアナリティクスは万人向けのアクセス解析サービスであるため、詳細な指摘や改善案は提供されていない。単純なアクセス数だけならアホでも見ればわかるが、たとえば法人ひとつとっても業種が異なれば数字が意味するところも大きく異なるためである。

このため素人にはGoogleアナリティクスの詳細な見方は簡単に理解できるものではなく、導入してみたはいいが「見方がよくわからない」で終わることも多い。

そのような人のためにGoogleでは「Google アナリティクス認定パートナー」という公式認定されたコンサルタントを提供している[1]。ただしそこに掲載されているパートナーには電通や野村総研などの名前しか出てこないため、依然として中小企業には縁のない話であり、貧乏人は頑張って自分で覚えてねというのが実情である。

使い方[編集]

利用者はGoogleアナリティクスのサイト上にてアカウントを取り、そこで提示されたJavaScriptで書かれたソースコードを自らのウェブページに埋め込むだけで利用できる。Urchinのような小難しいインストールなどは必要ない。あとは時間とともにアクセス解析の結果が見れるようになる。


関連用語[編集]

Googleアナリティクスは日本語でも提供されているため、従来の英語圏に開発主体があり「日本語なにそれ?」なアクセス解析ソフトよりもとっつきやすいが、その反面小難しいマーケティング用語およびその略称が使われまくっており、素人はグラフを見て「わぁ凄い、よくわかんない」となって終わる傾向がある。

Googleアナリティクスを眺めつつ、素人には意味不明そうな単語を列挙する。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]