hUMA

提供: MonoBook
移動: 案内検索

hUMA(読み:ひゅーま、語源:heterogeneous Uniform Memory Access)とは、AMDによって開発されたAPU向けのCPUGPUメモリ空間を統一する技術のことである。

概要[編集]

CPUGPUメインメモリーを共有する手法は古くから使われていたが、基本的に「ここからここまでCPU用」「ここからここまでGPU用」とメモリ空間を2分割して使用するというものばかりであった。これらではCPU用メモリ空間からGPU用メモリ空間へのデータ転送などの処理は少なからず必要である。そもそも高速だがクソ高いVRAMをケチって価格を下げる目的で使われていた技術である。

hUMAはそれを応用することで本当に共有することで無駄なデータ転送を省き、高速化・省力化・単純化を実現できるのではなかろうかと期待されている技術である。 実装が初公開される第一弾はPlayStation 4だと言われている。

パソコンにおいて普及すればボリュームレンダリングなどのように巨大なボクセルデータの転送がボトルネックになるような分野への応用が期待される。

最大の懸念点はAMDである。Anti HyperThreadingには期待していた。

関連項目[編集]

参考文献[編集]