HiSilicon K3V2

提供: MonoBook
移動: 案内検索

HiSilicon K3V2とは、中国のHiSiliconが製造するSoCである。


概要[編集]

K3V2は Cortex-A9を採用したARMアーキテクチャSoCである。 主にHiSiliconの親会社であるHuaweiスマートフォンタブレットに採用された。 2012年の代物である。

主なスペック[編集]

CPUは平均的な速度がでる。

GPUは非常識なほど独自拡張が施されたOpenGL ESを採用しており、Snapdragonなどを前提としているゲームはほぼ動かない。 ただし独自拡張に対応すれば驚くほど高速動作する。 ドラゴンクエストXAndroid版が本製品を推奨としていたくらいである。

なお驚くことにK3V2はAntutuPassmarkなどの有名どころのベンチマーク以外ではSnapdragon 810より速い結果となる。 2012年の中国製SoCが、2015年の米国製SoCより速い。 そんな馬鹿なと思うかもしれないが、それがSnapdragon 810なんだよね。 これはCortex-A9Cortex-A54より高速であるためである。

主な日本での採用端末[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]