ICT (Information and Communications Technology)

提供: MonoBook
移動: 案内検索

ICT (英語:Information and Communications Technology、情報通信技術)とは、いわゆる「IT」の総務省的な呼び方である。

概要[編集]

スパコンをはじめとする計算機事業を統括する経済産業省が推進した「IT」という言葉に対して、NTTやNHKなどの通信事業を統括する総務省が「通信を意味するコミュニケーションという単語が含まれていないとは何事か」という理由でわざわざ作ったのが「ICT」という言葉である。

ただし、某総理大臣がイット革命を掲げて「IT」という言葉を強く後押ししたこともあり、世間一般ではITドカタをはじめとした「IT」という言葉が大勝利をおさめており、「ICT」という言葉は大多数の国民にはまったくと言っていいほど一般化していない。

なお、今現在も経済産業省絡みの資料には「IT」、総務省絡み資料には「ICT」と書かれているのが一般的である。よって公的資金による案件の場合は、その出所により見積書提案書に記載する言葉には注意しよう。

関連項目[編集]

  • ICT - 曖昧
  • ICTリソース - 用例
  • C&C - 類義語。「コンピューターとコミュニケーション」というNECの伝統的な経営理念である。現実的にはコンピューターvsコミュニケーションであった。

参考文献[編集]