Intel Image Processing Library

提供: MonoBook
移動: 案内検索

Intel Image Processing Libraryとは、インテルCPUの圧倒的優位性を世に知らしめるために開発された画像処理ライブラリである。 後にOpenCVとしてBSDライセンスのもとでオープンソース化され、インテルのCPUだけでなくNVIDIACUDAなどもサポートされるようになった。

概要[編集]

現在ではすべて一括りで「OpenCV」であるが、日常会話としては高レベル層はOpenCV、低レベル層はIPLを指すと使い分けている人も多い。

ダウンロード[編集]

2015年時点では単体でダウンロード配布されているのは、1999年にリリースされたQNXVxWorksWindows CE向けの古いバージョンのみとなっている[1]。昔ながらの低レベルなIPLだけ欲しい場合はOpenCVソースコードからぶっこ抜く(OpenCVをそのまま使う)のが手っ取り早い。

使い方[編集]

基本的な使い方は20世紀からあまり変わっていないのでググれば情報はでてくるが、インターネット上の古い情報は次々と消えているようなので何かしらの保全策が求められる。 基軸となる構造体が「IplImage」なのは今も昔も変わっていない[2]

関連項目[編集]

参考文献[編集]