Interface Builder

提供: MonoBook
移動: 案内検索

Interface Builder(読み:いんたーふぇいす・びるだー)とは、アップルが開発しているMac OS X向けの画面設計ソフトである。

概要[編集]

Interface Builderは大雑把にいうとVisual BasicDelphiポトペタ部分だけを抜き出し、画面の絵を描くことだけに特化したようなものである。本当に絵を描くだけであり、特定のプログラミング言語に依存しないため、Delphiのように貼付けた部品に細かくイベントまで割り振るということはできない。

例えるならWindows 95時代にVC++界隈で流行したダイアログGUIで作れるResEditなどのリソースエディタのようなものである。古くからWindows向けの開発をしていたプログラマーはタイムスリップしたかのような感覚に陥ることであろう。

ただ、Interface BuilderはMonoMacなど僅かな例を除けば実質的にObjective-C以外では利用されていないに等しい状態であった。そのためXcode 4.0Xcodeの一機能として統合され、単品ソフトとしてのInterface Builderは消滅した。

操作[編集]

Interface Builderの操作性はまったく直感的ではなく、キーボードマウスの組み合わせが大前提であり、身近な人にInterface Builderの達人がいないと使いこなすのは厳しい。


関連項目[編集]

参考文献[編集]