JPEG/MCU

提供: MonoBook
移動: 案内検索

JPEGにおけるMCU(読み:えむしーゆー、語源:Minimum Coded Unit)とは、JPEGDCT変換を行う際の基本単位である。

概要[編集]

JPEGでは画像を一定の四角形に分割(ブロックなどと呼ばれる)してDCT変換を行うが、その分割したブロックの個数の単位がMCUである。 言い換えればJPEGDCT変換を行う回数である。

多くの場合において1MCUは8ピクセルx8ピクセルであるが、稀に1MCUが16ピクセルx16ピクセルなどの場合もある。

画像サイズ: 256ピクセル x 256ピクセル
ブロックサイズ: 8(8ピクセル x 8ピクセル)
256 / 8 * 256 / 8 = 1024MCU

破損[編集]

何らかの影響によりJPEGファイルの中の1MCUが壊れると、それ以降に続くMCUも影響を受けてボロクソな画像になる。

その影響を最小限に抑えるためにRST0からRST7までのマーカーJPEG/マーカー/RSTmを参照)が用意されており、これを利用した画像の場合はモジュロ8で0から7までの数字が順番に登場し、万が一、欠番している場合は画像が破損していると判断できる。

ぶっ壊れている例
RST3が欠落している
RST0 MCU RST1 MCU RST2 MCU RST4 MCU

なお、RSTmマーカーの利用は必須ではないので、ファイルサイズを極限まで小さくしたいなどの理由で使っていない画像も多い。

関連項目[編集]

参考文献[編集]