jad

提供: MonoBook
移動: 案内検索

jadとは、Java中間コードclassファイル)を逆コンパイルできる逆コンパイラである。

概要[編集]

Jadは遥か昔から存在していおりJavaの世界では凄く有名である。 基本的にはJava中間コードであるclassファイルを人間が読めるソースコード形式であるjavaファイルに変換するというものである。

dex2jarなどを用いてDalvik仮想マシン用の中間コードdexファイル)をJava仮想マシン中間コードに変換することでAndroid逆コンパイルにも使える。

Java 1.4までの中間コードにしか対応しておらず、Java 5以降の中間コードを喰わせるとgoto文などの嵐となる。ソースコード可読性という意味ではJava Decompilerなどの活発に活動している類似製品の方が優れている。ただし逆コンパイル時のエラー率は非常に低く、多くの場合に逆コンパイルしたものを直接的に再度コンパイルできる高い精度を誇っている。

インストール[編集]

Mac OS X[編集]

Mac OS XであればHomebrewからインストールするのが簡単である。バイナリでの配布物のインストールとなるためパッケージ名が少し特殊な点に注意すること。

$ brew upgrade
$ brew install homebrew/binary/jad

使い方[編集]

関連項目[編集]

類似するソフトウェア

参考文献[編集]