Java Decompiler

提供: MonoBook
移動: 案内検索

Java Decompiler(通称:JD)とは、Java逆コンパイラである[1]

概要[編集]

Javaには様々な逆コンパイラが存在したが、その中でもJDはJava 5以降の中間コードに対応した珍しい逸品である。jadなどの古い逆コンパイラであってもJava 5以降の中間コード逆コンパイルすること自体は出来るのだが、goto文の嵐になるなどの可読性に問題があったがそれらが全て解決している。最近ではJava 8の中間コードからラムダ式の復元にも対応しているようだ。

なお、JD自体はC++wxWidgetsを用いて開発されている。

主な種類[編集]

関連項目[編集]

関連項目[編集]

類似するソフトウェア
  • Java Decompiler
    Java 5の新しい中間コードに対応している。
  • jad
    Java 1.4までの古い中間コードまでしか対応していないが、逆コンパイル時のエラー率は圧倒的に低い。

参考文献[編集]