JsonResult クラス (System.Web.Mvc)

提供: MonoBook
JsonResultから転送)
移動: 案内検索

JsonResultクラスとは、ASP.NET MVCアクション・メソッド戻り値ActionResultおよびその派生クラス)として、あらゆるオブジェクトJSON形式に変換して送信するクラスである。

使い方[編集]

基本的にはJsonResultインスタンスのDataプロパティに、送信したいオブジェクトインスタンスを入れてやればよい。 なお、デフォルトでGETリクエストを弾く謎仕様なのでJsonRequestBehaviorプロパティの値には注意すること。

using System.Web.Mvc;
 
public class HomeController : Controller 
{
    public ActionResult Index() 
    {
        // サンプルデータ
        var obj = new { 
            Name = "hage",
            Age  = 32
        };
 
        // JsonResult
        // デフォルトでGETリクエストを弾く謎仕様なので注意。
        var jr = new JsonResult {
            Data = obj,
            JsonRequestBehavior = JsonRequestBehavior.AllowGet
        };
        return jr;
 
        // ControllerにJsonResultを生成してくれるJsonメソッドが
        // いるので、そいつを使った方がシンプルではある。
        // return this.Json(obj, JsonRequestBehavior.AllowGet);
    }
}

似たような実装例[編集]

JsonRequestBehavior.AllowGetが面倒なのでDynamicJsonで実装してみた。 とくに意味はない。

なんかよくわからないけど、契約による設計System.Diagnostics.Contracts 名前空間)を使ってみたかった。 とくに意味はない。

using System;
using System.Text;
using System.Web;
using System.Web.Mvc;
using System.Diagnostics.Contracts;
using Codeplex.Data;// DynamicJson
 
public class JsonResult2 : ActionResult
{
    public static readonly string ContentTypeDefault = "application/json";
 
    public string ContentType { get; set; }
    public Encoding ContentEncoding { get; set; }
    public object Data { get; set; }
 
    public JsonResult2()
    {
    }
 
    public JsonResult2(object data)
    {
        this.ContentEncoding = null;
        this.Data = data;
    }
 
    public override void ExecuteResult(ControllerContext context)
    {
        // 契約による設計:事前条件
        Contract.Requires(context != null);
 
        // 実装
        HttpResponseBase response = context.HttpContext.Response;
        if (string.IsNullOrEmpty(this.ContentType))
        {
            response.ContentType = ContentTypeDefault;
        }
        else
        {
            response.ContentType = this.ContentType;
        }
 
        if (this.ContentEncoding != null)
        {
            response.ContentEncoding = this.ContentEncoding;
        }
 
        // DynamicJSONでシリアライズ
        string json = DynamicJson.Serialize(this.Data);
        response.Output.Write(json);
    }
}

XmlResultクラス[編集]

ASP.NET MVCにはJsonResultクラスが標準であるのに何故かXmlResultクラスがない。当然、誰もが疑問に思うところなようでASP.NET MVC向けのライブラリを作っているオープンソースプロジェクトのMvcContribがXmlResultクラスを提供している。

関連項目[編集]

参考文献[編集]


外部リンク[編集]