Knockout.js/cssバインディング

提供: MonoBook
移動: 案内検索

Knockout.jscssバインディングとは、パラメーターの値に応じ、関連付けられたDOM要素のCSSクラスを追加または削除する可視バインディングのひとつである。

なお、CSSクラス単位ではなく、style属性の個別の値のみを書き換えたい場合にはstyleバインディングを使うとよい。

パラメーター[編集]

cssバインディングの基本的な書式は以下のとおりである。

<div data-bind="css: { CSSクラス名: 値または式 }">...</div>

cssバインディングはカンマ区切りで複数指定もできる。

<div data-bind="css: { CSSクラス名: 値または式, CSSクラス名: 値または式, ... }">...</div>

値または式の結果が、trueならばDOM要素(HTMLタグ)のclass属性にCSSクラスが追加され、falseならばDOM要素(HTMLタグ)のclass属性からCSSクラスが削除される。 なお、式を指定する場合の「式」とはJavaScriptそのものなので関数なども使いたい放題である。

使用例[編集]

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
  <meta charset="UTF-8">
  <title>knockout.js - html bindding sample 1</title>
  <script type="text/javascript" src="jquery-1.5.1.min.js"></script>
  <script type="text/javascript" src="knockout-2.0.0.js"></script>
  <script type="text/javascript">
    jQuery(function() {
      // ビューモデル
      var AppViewModel = function() {
        this.valueA = ko.observable(90);
        this.valueB = ko.observable(20);
      }
      // バインディング適用
      ko.applyBindings(new AppViewModel());
    });
  </script>
  <style>
    .AAA { color: #0000FF; background-color: #FFFF00; }
    .BBB { color: #FF0000; background-color: #00FFFF; }
  </style>
</head>
<body>
 
  <p data-bind="css: { AAA: valueA() > 70, BBB: valueA() < 30 }">Aさん</p>
  <p data-bind="css: { AAA: valueB() > 70, BBB: valueB() < 30 }">Bさん</p>
 
 </body>
</html>

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]