Knockout.js/visibleバインディング

提供: MonoBook
< Knockout.jsKnockout/visibleから転送)
移動: 案内検索

Knockout.jsvisibleバインディングとは、パラメーターの値に応じ、関連付けられたDOM要素を表示または非表示にする可視バインディングのひとつである。

パラメーター[編集]

false[編集]

値がfalse系の場合 (false、数字の「0」、null、undefined)の場合には、domElement.style.displayにnoneに設定し、項目を非表示にする。

true[編集]

値がtrue系(true、非nullのオブジェクト、配列)の場合には、domElement.style.displayを削除し、項目を非表示にする。

ノート[編集]

JavaScriptで動的に上書きするので、あらかじめCSSで設定したスタイルよりも優先されるので注意すること。

非表示から表示になる際は「スタイル設定の削除」なので、たとえばdivのstyle.displayにinlineを設定していると、divのstyle.displayのデフォルト値であるblockになってしまう。

observable関数でない値をバインディングした場合は、バインディング適用時(applyBindings関数実行時)に1回だけ更新されて以降は更新されない。

使用例[編集]

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
  <meta charset="UTF-8">
  <title>knockout.js - visible bindding sample 1</title>
  <script type="text/javascript" src="jquery-1.5.1.min.js"></script>
  <script type="text/javascript" src="knockout-2.0.0.js"></script>
 
  <script type="text/javascript">
    jQuery(function() {
      // ビューモデル
      var AppViewModel = function() {
        this.shouldShowMessage = ko.observable(true);
 
        this.showMessage = function() {
          this.shouldShowMessage(true);
        };
 
        this.hideMessage = function() {
          this.shouldShowMessage(false);
        };
      }
      // バインディング適用
      ko.applyBindings(new AppViewModel());
    });
  </script></head>
<body>
 
  <div data-bind="visible: shouldShowMessage">
    このメッセージは "shouldShowMessage" の値がtrue系の場合にのみ表示されます。
  </div>
 
  <div>
    <button data-bind="click: showMessage">表示</button>
    <button data-bind="click: hideMessage">非表示</button>
  </div>
 </body>
</html>

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]