LL言語

提供: MonoBook
LL言語向から転送)
移動: 案内検索

LL言語(読み:えるえるげんご)とは、日本独自のスクリプト言語の呼び方である。

概要[編集]

ちなみにLLは「Lightweight Language」の略称であるとされているため、「LL言語」という表記では「軽量な言語言語」と言語が2回登場しておかしな事になるが、英語ではなく和製英語なので細かい事は気にしてはならない。何となく意味が相手に伝われば問題ない。なお英語圏では通じないので注意しよう。


スクリプト言語は、手っ取り速くソースコードを作成したり修正したりできるため、このように呼ばれるようになったと言われている。

ただし、手っ取り早い弊害として、中長期的なソースコードのメンテナンス性が悪いなどのデメリットも語られるようになりつつある。 このデメリットの具体的な例としてはTwitterRubyからJavaに移行した事例がよく使われる[1]。 そこでは「サービス指向アーキテクチャ」という言葉を幾度となく目にする事になる。

関連項目[編集]

参考文献[編集]