Linux4Tegra

提供: MonoBook
移動: 案内検索

Linux4Tegra(別名:Linux for Tegra、通称:L4T)とは、NVIDIAが開発および配布しているLinuxディストリビューションである[1]

概要[編集]

大雑把にいえばUbuntuNVIDIA製品のドライバを最初からぶち込んだものである。 Jetsonシリーズにはプリインストールされている。

ソースコードUbuntuの差分で配布されているため、自前でビルドする場合はまずベースとなるUbuntuソースコードを拾ってきてLinux4Tegraの[ソースコード]を上書きするという手法になる。ベースとなっているUbuntuはLinux4Tegraのバージョンごとに違うのでよく確認すること。

一部のOpenGLを使うようなマルチメディア系の人気アプリCUDA対応だのゴリゴリ最適化だのされてUbuntu公式とは別のパッケージとして配布されている。 たとえばGoogle Chromeオープンソース版であるChromiumWebGL部分をTegraにゴリゴリ最適化したものなどがある。 YouTubeフルHD4Kの動画を表示した際にも加速装置が働くようである。

公式サイトではTegra2以降のSoCを搭載した製品で利用できるとしているが、製品ラインナップを考えるとほぼJetson TK1およびJetson TX1の専用OSと考えた方がよい。 NVIDIA SHIELDでも使えるらしい。

関連項目[編集]

参考文献[編集]