M.2

提供: MonoBook
移動: 案内検索

M.2(読み:えむつー)とは、大雑把にいえばPCI Expressの端子形状をノートパソコンなどでも利用できるよう超小型化した規格である。

概要[編集]

M.2はもともとmSATAの後続として発表されたもので、大雑把にいえばSATAの端子とPCI Express x4の端子をひとつにまとめ端子を小型化したものである。

M.2はぶっちゃけただのPCI Expressの小型版であり、M.2対応製品にはSSDWiFiBluetoothGPSNFCなど様々なものが存在している。理論上はグラフィックボードなども搭載できる。最近のノートパソコンCTOでは内部的にM.2接続のパーツを交換しているだけというものが多く、内部的にM.2を採用している製品であれば最近のノートパソコンは分解が大変だがアップグレードも可能である。最近の自作PC向けのマザーボードにも搭載されていることが多い。

関連項目[編集]

参考文献[編集]