Mac OS X

提供: MonoBook
Mac OSXから転送)
移動: 案内検索

Mac OS X(読み:まっく・おーえす・てん)とは、かつてアップルが開発および販売していたMac用のOSである。後に名称から「Mac」という単語が消え去り「OS X」に改名された。

概要[編集]

Mac OS Xは、Mac OS 9までのOSをバッサリ捨て去り、4.3BSDから派生したMachおよびNeXTSTEPをベースに、4.4BSD-Liteから派生したFreeBSDを超合金合体させたある意味では由緒正しいBSDOSである。主にMacと呼ばれるパソコンに標準搭載されている。

一部の変人さんたちは怪しいパッチや謎のドライバを組み込むことで一般的なPC/AT機で強引に動かしているが当然非推奨である。 はっきり言って新品のMacを買った方が人件費的にも遥かに安上がりであろうが、どうしてもやってみたいヤツは「OSx86」でググれ

特徴[編集]

独自のウインドウシステム[編集]

Mac OS Xは、UNIXOSでは定番のX Window System(通称X11)を採用せずに、Aquaという独自のウィンドウシステムを採用しているのが最大の特徴である。これによりX11の仕様的な制限でGNOMEKDEが悩んでいるWindowsや旧Mac OSでは当たり前の機能を次々と実現している。たとえばMac OS XやWindowsでは当たり前のように出来ている異なるアプリ間でのコピペ機能もそのひとつである。

斬り捨て御免[編集]

Mac OS Xではメジャーバージョンアップする際に古いAPIがバッサリ斬り捨てられたりすることが多い。 古いAPIがバンバン使えなくなるため、新陳代謝により泥臭い部分が消えて遊ぶにはさっぱりしていて良い環境となっている。 ただ安売りしている業務用ソフトには辛いのも事実である。 一方で安売りしていない一部のソフトウェアでは、これを逆手にとり、便乗して新バージョンを新発売するというビジネスをよくやっている。

Mac OS Xにメジャーバージョンアップする際に旧Mac OSはバッサリ切り捨てられたが、初期のMac OS XではClassicと呼ばれるエミュレーターを標準搭載することである程度の互換性は保たれていた。この手法は後にXPモードとしてWindows Vistaでも採用されている。

邪悪なBSD[編集]

Mac OS Xの根底にある物はBSDOSとしては由緒正しいものである。ただ、表面的にはオサレでハデな演出を多用していることから、地味で影の存在であることを望んだ旧来のBSD系コミュニティとは相反するとしてBSD入門の心得では「邪悪なBSD」であると明記されるに至っている。だがしかしLinuxなどと対峙するときは*BSDのひとつに含まれるという。

検索性[編集]

Googleググるときやヤフーでググれと言われたときに使用する検索キーワードは「mac」よりも「osx」の方が捗る。 「mac」というキーワードとコンピューター関連の単語の組み合わせでググると半分以上は「Macintosh」ではなく「MACアドレス」の話題ばかりが登場するであろう。

主なOS X[編集]

主な機能[編集]

その他[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]