Managed Extensibility Framework

提供: MonoBook
移動: 案内検索

Managed Extensibility Framework(読み:まねーじど・えくすてんしびりてぃ・ふれーむわーく、略称:MEF)とは、.NET Framework 4.0で追加されたプラグインおよびホットデプロイを実現するためのフレームワークである。

概要[編集]

旧来の.NET FrameworkWindows FormsWPFの組合せであれば自前でリフレクションを駆使してゴリゴリやればプラグインホットデプロイは出来ないこともなかった。ただし制限の強いSilverlightなどでは難しかったという。また自前でリフレクションを使った方法ではよほど凝った作りにしなければクソ遅いという問題もあった。さらにエンタープライズ向けのソフトウェアの場合はメンテナンスと言えど止めれない場合も多くホットデプロイが出来ないと正直厳しい。

そこで公式にそれらの問題点に対処すべく追加されたのがMEFだそうだ。

なお、公式サイトの日本語の説明がわかりやすくてこれでいいじゃんって感じ。 [1]


関連用語[編集]

使い方[編集]


関連項目[編集]

参考文献[編集]