MonoGame/シェーダーを使う

提供: MonoBook
移動: 案内検索

MonoGame標準[編集]

2016年10月時点のMonoGame 3.5(および3.6ベータ版)ではWindows上でのみシェーダーfxファイル)のコンパイルができる。 逆を言えばMacLinux上でXamarin Studioを使って開発している場合にはシェーダーコンパイルできない。

なお、コンパイルしたxnbファイルは各環境で動かすことができるようである。

InfinitespaceStudios.Pipeline[編集]

MacLinux上のXamarin Studioシェーダーfxファイル)を使えるようにする素晴らしいクラウドサービスが登場した。 その名も「InfinitespaceStudios.Pipeline[1][2][3]」の「RemoteEffectProcessor」。

リモート・エフェクト・プロセッサー!

これはなんとfxファイルコンパイルしてくれるオンラインサービスである。 ネットが繋がっていれば利用できる。 開発者はInfinitespace Studiosという英国紳士のようだ。 こいつは凄い。

しかもコンテンツパイプライン用の拡張プラグインはもとより、サーバー実装もGitHub上にオープンソースとして公開されており[4][5]、自前でサーバーを立てることもできる。こいつは凄い。ソースを読むと単にWindowsマシンにfxファイルを投げているだけのようである。さっそくVirtualBoxにぶち込んでみた。

関連項目[編集]

参考文献[編集]