MonoMac/Interface Builderでカスタムコントロールを使用する

提供: MonoBook
移動: 案内検索

MonoMacおよびInterface Builderでカスタムコントロール(カスタムビューおよびカスタムコントローラー)を使用する方法を示す。

概要[編集]

Xamarin.iOSではカスタムコントロールを作るとiOSデザイナーのコントロール一覧に自動的に追加や削除されるが、MonoMacおよびXamarin.Macの場合はそこまで新設設計ではない。需要が少ないんだろうな。

手順[編集]

独自ビューを作る[編集]

MonoMac/NSViewを継承したカスタムコントロールを作る

Custom Viewを貼る[編集]

Interface Builderを開き(MainWindow.xibを開き)、ライブラリ(コントロール一覧)から「Custom View」 という項目を探し出して、ウインドウにドラッグアンドドロップする。

Custom Viewにクラス名を指定する[編集]

インスペクタの「Class」欄に独自ビューのクラス名を入力する。入力時はインテリセンスが働くはずなので打ち間違いは少ないと思われる。カスタムコントロールをライブラリプロジェクトなどの別プロジェクトにしているとインテリセンスは働かないようだ。

関連項目[編集]

類似項目[編集]

参考文献[編集]