Nullチェック

提供: MonoBook
移動: 案内検索

nullチェックとは、エラーチェックのひとつで、変数nullでないかをチェックし、いわゆるヌルポヌルリと言った実行時のエラーを防ぐことをいう。

通常はif文で変数nullでないかを逐一チェックして、nullであれば適切なエラー処理を行う。ただしif文を用いる方法は変数が増えるとif文が増えまくってソースコード可読性が絶望的になる。このような状態をnullチェック地獄という。

最近流行の手法は「契約による設計」を用いてnullチェックを行うというものである。C#であればコードコントラクトというフレームワークが用意されている。C++であればassert(の中にコンパイル時に警告を出すcassert)が用意されている。

また、C#では、null合体演算子をもちいて強引にnull以外のデフォルト値を設定するという手法が用いられることもある。

関連項目[編集]

参考文献[編集]


外部リンク[編集]